20秒で理解する近眼
20秒で理解する近眼
ホーム > > 私が看護師になった理由は中学での職業体験でのこと

私が看護師になった理由は中学での職業体験でのこと

私が看護師になった理由は中学での職業体験でのことでした。体験先の介護施設の看護師の方に衝撃を受けたからです。大人になって仕事に就くならあんな職業をしたいと感じたのが始まりで看護学校へ進み、晴れて看護師になりました。大変なこともあるのですが、看護師になってよかったです。病院では普通、看護師が注射や採血を行います。一般的に、注射が好きな人はそうそう多くいるとは思えませんが、注射の必要があるのならば、痛くないよう、上手に打ってくれる看護師にお願いしたいですよね。とはいえ、注射をするのも個人の技術の如何によってしまいますから、痛みなく処置してくれる看護師もいれば、場合によっては下手な看護師に処置されることもあるでしょう。この辺りは運としか言いようがありませんね。この間、転職をしたようでした。どうして転職をしたの?と理由を質問してみると、「あまり忙しくなかった。もっとバリバリと働きたい」といったことでした。できるだけ楽な仕事が良いと思う人が多い中で、彼女みたいな考え方が出来る人もいるものなのですね。日本での看護師の年収は平均すると、437万円ほどです。でも、国立や私立、県立等公立病院で職を得る看護師は、公務員としての勤務であるため、年収は平均して593万円くらいになるのです。公務員看護師は給料のアップ率も民間病院より高くて、福利厚生も充実しているのです。準看護師の場合ですと、看護師よりも平均年収が70万円ほど低いのです。どんな病院で働いている場合でも、看護師のお仕事は幅広いです。多くの場合、医師が診療する際の補助などを行うのが基本は、主なお仕事ですが、ほかにも患者さんのお世話や補助などがあるでしょう。入院病棟、外来のいずれかで、業務内容の方向性は様々です。外来よりも入院病棟のほうが仕事量が多いので、大きな負担となるでしょう。最近の交代勤務、所謂「シフト勤務」としてスケジュールを組んで24時間業務の仕事をこなす仕事のひとつに、看護師があります。職場が外来であれば、交代制になるとは限らないのですが、大半の病院が入院病棟の方に多くの看護師を置きますから、経験を積む上でも確実にシフトを組んで働くことになるでしょう。妻がまだ子供が小さかった時に看護師としてシフトに入っていたために、妻が夜勤で居ないと子供がさみしがってしまって苦労した覚えがあります。昔から「白衣の天使」と呼ばれるほど異性から好かれる要素の多い看護師でも、意外と未婚の人が多いようですね。実際に、看護師が結婚した年齢を調査してみると両極端だという事が言えますね。結婚が遅くなる人に多い理由は、仕事を優先して恋愛の機会を逃していたり、キャリアアップを最優先に考えるため、結果的に晩婚化しているといったことが主な理由のようです。看護師の転職で大事なのがやはり、面談です。面談時に尋ねられがちな質問は前の職場でしていた仕事のこと、辞めた理由、転職したら、この病院でどんなことをやりたいと思うか、自分の看護の価値観といったことです。これらの質問に、すぐに答えられるよう考えをまとめておくべきです。交代勤務を代表に看護師の仕事は多岐に渡って厳しいものなのですが、申し送りは、最も気を抜けない仕事のひとつのようです。担当の患者の状態や処置についてを理解して、責任を持って次の担当看護師がスムーズに仕事が出来るように、伝える必要があるのです。それほど重要でない情報もよくありますが、医療的に重大な処置に関する申し送りは間違いがないよう、慎重になる必要があります。転職活動を行う時には、ご存じのとおり、たとえ看護師であっても履歴書の持参が必要ですが、気を付けるべきことが存在します。その注意点とは、特に履歴書の中の志望の理由の書き方です。志望した動機について、雇用の条件や労働環境の良さについて挙げるのではなく、技術を磨くことが出来そうだからというような動機や、「それまで身に着けたことを生かして働けそうだから」といった理由のように、やる気に満ちたような内容がいいと思います。脱毛ラボ 群馬